【一撃の記憶 #1】“魔法のヒールパス”で掴んだ19年ぶりの勝利 リアソールを黙らせたベンゼマ弾[映像]

photo/Getty Images

あまりに価値のある一発

【一撃の記憶】では、マドリディスタにとって忘れることが困難な思い出のゴールを動画(見つからない場合も…)と共に振り返っていきます。

1発目は、2009-2010シーズンのリーガ・エスパニョーラ第20節、鬼門の敵地リアソールでのデポルティボ戦におけるカリム・ベンゼマのゴール。アシストはかかとヒールでオシャレにかましたグティです。




毎度毎度グティばかりで申し訳ないですが、この追加点は魔法そのものでした。

そして、この日の勝利はリアソールにおける19年ぶりの勝ち星というオマケ付き。

2009-2010シーズンといえば、グティとクリスティアーノ・ロナウドがピッチ上で競演した唯一のシーズンです。この夏にグティとラウールは揃ってマドリーを退団。それぞれ別の道を歩いていきましたね。

このゴールは是非とも動画で痺れてください。

【筆者の略歴とプロフィール】

2000年より愛し続けるレアル・マドリードへの情熱が高まり、サッカーライターとして複数の国内著名サッカーメディアや大手出版社へ記事を寄稿。ヨーロッパのあらゆるスポーツメディア媒体への取材を通し、常に国内の「他媒体が報じていないニュース」の掲載を心掛ける。

尚、現在は芸能やエンターテイメントの分野にも手を広げ、浮気気味の模様。また、某著名サッカー解説家で赤いチームを愛するアノ雑誌編集者・ジャーナリストから「生意気だ」と電話で説教された過去は大きな黒歴史である。

2002-2003シーズンが大好き!という方は是非、以下のクリック宜しくお願い致します!!