ペレス会長がネイマール父と密会! カゼミロは「ロナウドとも仲良くやれるさ」と太鼓判

2018年3月18日

photo/Getty Images

大きな計画へ向けて

パリ・サンジェルマンへ加入したばかりのブラジル代表FWネイマールだが、早くも退団説が囁かれ、その行き先候補にたびたび挙げられるのは我らがレアル・マドリードだ。

スペイン紙MARCAは、『フロレンティーノ・ペレス会長がすでにネイマール・シニアと接触済み』と題し、そもそもネイマールがレアル・マドリードの現エースであるクリスティアーノ・ロナウドと共存できるのか、というテーマについてカゼミロらのコメントを引用しながら報じています。

MARCAの報道

=================

レアル・マドリードがネイマールとの契約を望んでいるという事実は、すでに彼の母国であるブラジルにも知れ渡っており、いくつかの現地メディアはネイマール父とフロレンティーノ・ペレス会長による密会の詳細を伝えている。

ネイマール・シニアは先日、「息子の未来はパリ・サンジェルマンと共にある」とハッキリ断言したが、この発言はマドリーとの密会が行われた後のものである。密会では、ネイマールのレアル加入の方法に関して話し合われており、彼ら親子は本気だ。

しかしながら、当然パリ・サンジェルマンにネイマール売却を認めさせるように説得することは非常に困難な任務であり、現実的ではないことをマドリーは知っている。

================

あなたの愛するクラブのファンサイトは何位? 最新ランキングをCheck!!!

ネイマールはロナウドと共存できるのか?

木曜の夜、El Partidazoに対してカゼミロは同胞ネイマールの移籍報道を次のように語っています。

「ネイマールという男は11歳の頃から常にスペクタクルな奴だったよ。僕は彼がレアル・マドリードに加入する可能性が全く無いなんて思えないけど、そういった質問はフロレンティーノにすべきだよ。ネイマールはレアルのドアがいつだって彼に開いていると分かっているだろう。まぁ、彼はパリで幸せだと思うけどね」

「ネイマールが持つ才能や技術を考慮すれば、僕なら絶対に彼とサインするさ。彼がここへ来ることを願うよ。世界で3本の指に入るプレイヤーだ。彼が望むことはなんだって叶う。クリスティアーノとだってきっと上手くプレイするはずさ。絶対にね!」

カルバハルの意見

Radio MARCAの取材に対し、ダニエル・カルバハルは次のように話しています。

「(ネイマールとグリーズマン、獲得するならどっちが良い?)難しい質問だね。でもやっぱり僕ならネイマールを選ぶな。だって彼にはこれまでたくさん苦しめられてきたんだよ」

考察

ペレス会長はどうやら精力的に動いているようです。まぁ彼は2013年に必ずネイマールと契約できると確信していたはずですからね。そこを憎きライバルに持っていかれた。

これは彼のプライドをズタズタにしたと思いますよ。

カゼミロもカルバハルももちろんネイマールの実力を認めている様子。後はクリスティアーノと左サイドの奪い合いにならなきゃ良いですけどね。

最近のロナウドはホントに最前線の9番って感じで、昔みたいに左サイドから切り崩すっていうパターンは減りましたけど、それでも右利きの選手なんでやっぱり左寄りの位置に陣取ることが多いです。

そうなると、仮にネイマールが来た場合には監督にとっては大きな大きな悩みのタネが生まれることになります。

もしかしたら天文学的な移籍金の捻出以上に、そのテーマを解決する方が難しかったりして……。

【筆者の略歴とプロフィール】

2000年より愛し続けるレアル・マドリードへの情熱が高まり、サッカーライターとして複数の国内著名サッカーメディアや大手出版社へ記事を寄稿。ヨーロッパのあらゆるスポーツメディア媒体への取材を通し、常に国内の「他媒体が報じていないニュース」の掲載を心掛ける。

尚、現在は芸能やエンターテイメントの分野にも手を広げ、浮気気味の模様。また、某著名サッカー解説家で赤いチームを愛するアノ雑誌編集者・ジャーナリストから「生意気だ」と電話で説教された過去は大きな黒歴史である。

2002-2003シーズンが大好き!という方は是非、以下のクリック宜しくお願い致します!!