【vsジローナ】ロナウドが50回目のハットで世界中の見出しを独占! 「狼はここにいた」

2018年3月20日

ゴールラッシュでベルナベウ歓喜

レアル・マドリードが19日、リーガ・エスパニョーラ第29節ジローナ戦に臨むと、本拠地サンティアゴ・ベルナベウで6-3と大勝。クリスティアーノ・ロナウドによる4ゴールに加えて、働き者のルーカス・バスケス、ガレス・ベイルらがゴールを決めました。

本拠地で3失点を喫したことは見過ごせないにせよ、やはり2月以降のロナウドは化け物。

ヨーロッパ各紙がこの一戦をどのような見出しで報じたかをまとめていきます。

主役はやはりロナウド!

1試合で4ゴールを決めたマタドールが紙面を独占するのは当然でしょう。

マドリディスタからすれば、リーガ制覇が困難になった今、チャンピオンズリーグにすがるしか無いのが現状。そしてCLが最も難しくなるこの時期にエンジンを全開にしてくれるのはまさに神様的存在です。

では、一気に欧州主要メディアの見出しを紹介していきます。

===================

MARCA

Cristiano no tiene fin「クリスティアーノが止まらない」

as

El lobo ya esta aqui「狼がここにいた」

MUNDO DEPORTIVO

Cristiano libera la victoria del Madrid ante Girona「クリスティアーノがジローナ戦の勝利をもたらす」

英EUROSPORT

Ronaldo hits four in Real Madrid’s thrilling win over Girona「ロナウドの4ゴールでレアル・マドリードがジローナからスリリングな勝利を飾る」

あなたの愛するクラブのファンサイトは何位? 最新ランキングをCheck!!!

独Kicker

Kroos serviert zuerst:Ronaldo-Show bei Reals Revanche「“ロナウド・ショー”において最初のお膳立てをしたのはクロース」

英THE Sun

Ex-Man United man reminded the world of his talents with a sublime quadruple「かつてマンチェスターにいた男が圧巻の4ゴールで改めて世界を驚かせた」

米ESPN

Ronaldo hits 50th hat trick amid 4-goal day「4ゴール奪取のロナウドは通算50回目のハットトリック」

================




考察

まさにロナウド一色!

asの「狼がここにいた」っていう見出しはかなりクールで痺れますね。

そしてKickerはドイツ紙ということでトニ・クロースに着眼して、「このフィエスタを最初に仕掛けたのはクロースだぜ!」という分かりやすい思惑の見出し。

やはり個性が出ていて三者三様。

キャリア通算50回目のハットトリックって恐ろしいですな。しかも彼の場合、ハットトリックっていっても4点入れるパターンも結構多いんで、もはやハットトリックって表現されても物足りないくらい。

得点ランキングもルイス・スアレスの21ゴールを抜き去って、ロナウドが22ゴール!

リオネル・メッシの25ゴールまであともう少し。

ここからドンドン加速してください!

【筆者の略歴とプロフィール】

2000年より愛し続けるレアル・マドリードへの情熱が高まり、サッカーライターとして複数の国内著名サッカーメディアや大手出版社へ記事を寄稿。ヨーロッパのあらゆるスポーツメディア媒体への取材を通し、常に国内の「他媒体が報じていないニュース」の掲載を心掛ける。

尚、現在は芸能やエンターテイメントの分野にも手を広げ、浮気気味の模様。また、某著名サッカー解説家で赤いチームを愛するアノ雑誌編集者・ジャーナリストから「生意気だ」と電話で説教された過去は大きな黒歴史である。

2002-2003シーズンが大好き!という方は是非、以下のクリック宜しくお願い致します!!