ケイン獲得案は却下! レヴァンドフスキとの契約が秒読みへ

新ストライカーをロックオン!

エミリオ・ブトラゲーニョ、フェルナンド・モリエンテス、ロナウド・ルイス・ナザリオ、ルート・ファン・ニステルローイ……etc

サンティアゴ・ベルナベウの先頭に立つ人間は、常に世界最高の品質を備えていなければならない。

そして、その重要なキャスティングにおいて、どうやらレアル・マドリードは決断を下した。

スペイン紙『as』によれば、マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長は長年にわたる願望であったロベルト・レヴァンドフスキとの契約を遂に果たすことになるかもしれない。

またその願望に対し、指揮官のジネディーヌ・ジダンも“Goサイン”を出したという。




asの報道

====================

ナンバー1のプライオリティー・ターゲットは常にレヴァンドフスキだ。

あらゆる要素や状況を整理していけば、レアル・マドリードによるポーランド代表FWの獲得計画は日に日に完全合意へと近づいており、すでにレヴァンドフスキ代理人であるピニ・ザハビ氏とは口頭で合意に達した。

バイエルン・ミュンヘンのストライカーが昨年8月にすでに30歳となっていることを考慮すれば、これは将来への投資というよりも、むしろトライであり、テストだ。もちろんサンティアゴ・ベルナベウが近年に実施してきた若手重視の路線からは完全に逸脱するものとなっている。

あなたの愛するクラブのファンサイトは何位? 最新ランキングをCheck!!!

思えば、2012-13シーズンのチャンピオンズリーグ・セミファイナルにおいて、レヴァンドフスキは1stレグでマドリーから4つの衝撃的なゴールを奪い、そのことがフロレンティーノ・ペレスの触手を動かした。

「君はマドリードの為にプレイしたくはないか?」

スペインでの第2戦が行われた際、会長はレヴィを誘ったが、彼からは「代理人に聞いてほしい」という回答が帰ってきた。

そして今やこの問題を解決するのは、わずか100万ユーロとなるだろう。

これは来夏にバイエルン・ミュンヘンがハメス・ロドリゲスを買い取るために必要な支払い金額4200万ユーロに上乗せする金額であり、マドリー側はこの状況を上手く利用することになる。




ケイン獲得案は消滅

レヴァンドフスキとの交渉が進展していることは、ハリー・ケインとの別れを意味している。

マドリーが懸念しているのはケインの内向的な性格であり、これが彼の海外での挑戦を阻む可能性がある。当然、トッテナムがケインにとてつもない金額の移籍金を設定したことも、この計画を捨て去る根拠のひとつだ。

=====================

考察

30歳のCF獲得といえば、やはり思い出すのはファン・ニステルローイ。

厳密には彼がマドリーにやってきた2006年8月時点では29歳で、本来なら当時のマドリー幹部はより若いストライカーを獲得したかった。

でも、「絶対に彼と契約すべき」と譲らなかったのが鬼軍曹ファビオ・カペッロ

まぁカペッロからすれば、ロナウドに100%の信頼を寄せたくなかったんでしょう。彼以外に純粋な9番を置きたかったというわけですな。

2006-07シーズンで忘れられないのはアウェイでのオサスナ戦。

カペッロ采配っていうのもあり、この試合でも完全に引いて守りまくったマドリーは最前線のファン・ニステルローイに全くといっていいほど有効なパスを送ることができなかったんです。

この展開じゃいくら彼でも点は取れないだろうなぁ…とかなり絶望視してました。

結果、マドリーのMF陣はファン・ニステルローイに4本程度のパスを提供するのが精一杯でしたが、ファン・ニステルローイはその日4ゴールを決めました。

は???

完全に頭のおかしい「決定力のカタマリ」でしたね。

今のベンゼマはアシストをすればそれで良いと考えてるなら、少し甘い。

マドリーのFWの歴史はそんなレベルでは困る。

現在30歳のレヴァンドフスキ獲得が近いとあって、ついついファン・ニステルローイの想い出が蘇ってきました。

やはりサンティアゴ・ベルナベウにやってくるFWはそのような選手であってほしいですね。

【筆者の略歴とプロフィール】

2000年より愛し続けるレアル・マドリードへの情熱が高まり、サッカーライターとして複数の国内著名サッカーメディアや大手出版社へ記事を寄稿。ヨーロッパのあらゆるスポーツメディア媒体への取材を通し、常に国内の「他媒体が報じていないニュース」の掲載を心掛ける。

尚、現在は芸能やエンターテイメントの分野にも手を広げ、浮気気味の模様。また、某著名サッカー解説家で赤いチームを愛するアノ雑誌編集者・ジャーナリストから「生意気だ」と電話で説教された過去は大きな黒歴史である。

2002-2003シーズンが大好き!という方は是非、以下のクリック宜しくお願い致します!!